Now Loading

株式会社新経営サービス

Seminar
セミナー情報

トップページ > 最新セミナー情報 > 東京 > 【中小企業向け】社員が育つPDCA

新型コロナウイルス感染予防への取り組みについて

1.主催者(新経営サービス)としての対策

今般の新型コロナウイルス感染症への予防施策として、以下を実施いたします。
・常時換気もしくは定期的な換気(1時間程度に1度の休憩と空気の入替)
・受講者同士(着席時)、受講者と講師の距離の確保
・通常より広い会場、少ない定員数での開催
・アルコール消毒スプレーの設置
・弊社アシスタントスタッフのマスク着用

2.受講者へのお願い

ご参加の際は、ご不便をお掛けいたしますが、感染予防のため下記の点にご理解いただきますようお願い申し上げます。
・咳や発熱などの症状がある方は、受講をお控えください。状況によっては、参加をお断りしたり、ご退室いただく場合がございます(その場合は、参加費はお返し致します)
・マスクの着用や手洗い・うがいの励行等、感染防止対策に努めてください。また、咳エチケットにもご配慮いただきますようお願いいたします

今後、情勢に変化がある場合は、急きょ予定を変更する可能性もございます。予定を変更する場合は、改めてホームページにてお知らせいたします。
何卒ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

東京 会場【中小企業向け】社員が育つPDCA

~人材育成と計画達成を実現するPDCAノウハウ公開セミナー~

セミナーは終了いたしました。
ありがとうございます。

生産性向上、AIの進出、IoT、デジタル化、など中小企業を取り巻く外部環境はこれまでにないスピードと大きさで変化しており、まさに待った無しの状況です。こうした外部環境を乗り切るには、人材の強化が求められます。

実際に、日本能率協会が発表した調査(※1)では、企業が抱える経営課題の第2位は、「人材の強化」でした。ただ、本調査開始以来、「人材の強化」は上位に入り続けている経営課題ですが、多くの企業では有効な打ち手が見出せずにいるのが実情です。

では、どのようにして人材の強化を図り、環境変化への対応を行えばよいのか。それはPDCAと人材育成を結び付けることです。具体的には、【計画-実行-検証-改善】のPDCAサイクルと、人材育成における考え方である経験学習サイクルの【経験-省察-概念化-実践】を意図的に結び付け、社員を育てる仕組みづくりを行うことです。

本セミナーでは多くの企業でPDCA支援を行ってきたコンサルタントが、PDCAをまわしながら、人材育成と計画達成が実現できるノウハウを解説します。

(※1)日本企業の経営課題 2018 調査結果

定員 30名  ご参加は1社2名様
内容

Ⅰ.PDCAと人材育成をつなげる方法
 ・PDCAが失敗するパターン
 ・PDCAがまわる組織風土のつくりかた
 ・コルブの経験学習理論とは
 ・PDCAサイクルと経験学習サイクルを結びつける

Ⅱ.正しく現状をつかむ方法
 ・認知バイアスを理解する
 ・人事制度を活用して、現状を正しく伝え、今後どうすべきかを明確にする
 ・最低限知っておきたい5つのデータ分析のポイント
 ・社員に気づきを与える質問リストとは

Ⅲ.社員を育てる仕組みづくり
 ・PDCAマネジメントシートの作成方法
 ・マイセオリーを共有して、組織全体の知見を高める
 ・PDCAがまわる相互推進ミーティングの設計
 ・日報を活用して、日々のPDCAを廻す
 ・PDCAサイクルを高速で廻すには管理者の力量がカギ!
 ・概念化を促し、社員が育つ会議のしくみ

Ⅳ.計画と実行の質を上げ、人材育成を加速させる
 ・適切な計画なしに、検証はできない
 ・計画を立てる時に守るべき最低限のルール
 ・「意味づけ」と「対話」で実践量と速度を増やす

対象 経営者、経営幹部、後継経営者
日程 2019年08月29日(木) 14:00~16:30 (受付開始 13:30)
会場

[東京会場]
 フクラシア東京ステーション(JR「東京」駅日本橋口から徒歩1分、 地図
 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル5F,6F
 TEL:050-5265-4805

参加費用 お一人様 3,000円(税込)
講師 山本 崚平 (弊社 経営支援部 コンサルタント)

ベンチャー企業から中堅企業を対象とし、経営計画の達成に向けたPDCAマネジメント支援や人事制度の構築・運用を通じての組織開発、教育研修の支援を実施している。経営理念・方針の実現と業績向上をモットーとし、顧客企業に深く入り込むスタンスでの支援に定評がある。

セミナーの申し込み

セミナーは終了いたしました。
ありがとうございます。
文字サイズ