Now Loading

株式会社新経営サービス

Seminar
セミナー情報

トップページ > 最新セミナー情報 > 大阪 > ミドルマネジメントの課題を解決する! 自ら考え、動く「自走型管理職」をつくる方法

新型コロナウイルス感染予防への取り組みについて

1.主催者(新経営サービス)としての対策

今般の新型コロナウイルス感染症への予防施策として、以下を実施いたします。
・常時換気もしくは定期的な換気(1時間程度に1度の休憩と空気の入替)
・受講者同士(着席時)、受講者と講師の距離の確保
・通常より広い会場、少ない定員数での開催
・アルコール消毒スプレーの設置
・弊社アシスタントスタッフのマスク着用

2.受講者へのお願い

ご参加の際は、ご不便をお掛けいたしますが、感染予防のため下記の点にご理解いただきますようお願い申し上げます。
・咳や発熱などの症状がある方は、受講をお控えください。状況によっては、参加をお断りしたり、ご退室いただく場合がございます(その場合は、参加費はお返し致します)
・マスクの着用や手洗い・うがいの励行等、感染防止対策に努めてください。また、咳エチケットにもご配慮いただきますようお願いいたします

今後、情勢に変化がある場合は、急きょ予定を変更する可能性もございます。予定を変更する場合は、改めてホームページにてお知らせいたします。
何卒ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

大阪 会場ミドルマネジメントの課題を解決する! 自ら考え、動く「自走型管理職」をつくる方法

管理職マネジメント力強化セミナー

セミナーは終了いたしました。
ありがとうございます。

管理職の主要な役割に「課題を発見し、解決策を考え、実行する」、「そのために部下を育成し、組織力・生産性を高める」というマネジメントの実践があります。しかし昨今、多くの経営者から自社の管理職に対して「”考えない”、”動かない”ケースが多い」、「効果的な施策やスピード感がないため、期待するような成果が創出できない」といった声を耳にします。その改善に向けては、抽象的に「意識改革!」といっても効果はありません。結果につながる「行動改革」が必要です。
本セミナーでは、「自走する」管理職をつくり、自ら考え、行動を起こし、成果を創出するための手法を解説します。

定員 30名  ご参加は1社2名様
内容

1.なぜ、我が社の管理職は考えないのか?動かないのか?
 ・管理職を取り巻く現状
 ・意外と多い、「自信がない」という管理職
 ・セルフイメージが低い理由
 ・「I‘m not OK」 自己肯定感の不足が躊躇する心理を招く
 ・頭で「わかる」と実際に「できる」…実はこれだけ差があること
 ・「インプット」は重要だが、それだけでは「自己満足」でしかない
 ・「適応力」が求められる今、行動力不足は致命的

2.管理職が「アウトプット」で行動変化を起こし、業績アップにつなげる施策
 ・片手落ちの「インプット」では変わらない…「アウトプット」することで記憶化される
 ・「思考過多」を防止するために…2つのマネジメントにエネルギーを注ぐ
 ・動きが変わる目標設定の仕方
 ・誤った考え、不適切な行動では結果は出せない!正しいプロセスづくりが差を分ける
 ・日々の効果的な活動に明確な役割を示すことが不可欠…役割基準のつくり方
 ・対人関係の悪さが自信を失わせる…相互の関係性を見直す
 ・「対話」が突破口になる!リレーショナル・リーディング
 ・“フィードバック”が心の距離を縮める
 ・「小さな率先垂範」が自分の内面を変える
 ・アウトプットすることで、初めて自分のモノになる

対象 経営者、経営幹部、人事部門責任者
日程 2019年06月25日(火) 14:00~16:30(受付開始 13:30)
会場

[大阪会場]
 CIVI研修センター 新大阪東(JR「新大阪」駅東口から徒歩1分、 地図
 大阪市東淀川区東中島1丁目19番4号 新大阪NLCビル5・6・7F
 TEL:06-6160-5888

参加費用 お一人様 3,000円(税込)
講師 岡野 隆宏(弊社 人材開発部 組織開発コンサルタント)

広告会社、研修会社にて人事・教育に関する実務を担当。その経験を基に、主に中堅・中小企業の組織・人材開発を展開中。クライアント企業に対する研修のみならず、外部団体での講演も精力的に行っている。
受講者からは「現場経験に基づいた話に説得力があり、勇気づけられる」と定評がある。
実践管理者養成講座 担当講師。

セミナーの申し込み

セミナーは終了いたしました。
ありがとうございます。
文字サイズ