Now Loading

株式会社新経営サービス

Seminar
セミナー情報

トップページ > 最新セミナー情報 > 神奈川 > 〈中小企業のための〉人事評価・賃金制度設計 入門

新型コロナウイルス感染予防への取り組みについて

1.主催者(新経営サービス)としての対策

今般の新型コロナウイルス感染症への予防施策として、以下を実施いたします。
・常時換気もしくは定期的な換気(1時間程度に1度の休憩と空気の入替)
・受講者同士(着席時)、受講者と講師の距離の確保
・通常より広い会場、少ない定員数での開催
・アルコール消毒スプレーの設置
・弊社アシスタントスタッフのマスク着用

2.受講者へのお願い

ご参加の際は、ご不便をお掛けいたしますが、感染予防のため下記の点にご理解いただきますようお願い申し上げます。
・咳や発熱などの症状がある方は、受講をお控えください。状況によっては、参加をお断りしたり、ご退室いただく場合がございます(その場合は、参加費はお返し致します)
・マスクの着用や手洗い・うがいの励行等、感染防止対策に努めてください。また、咳エチケットにもご配慮いただきますようお願いいたします

今後、情勢に変化がある場合は、急きょ予定を変更する可能性もございます。予定を変更する場合は、改めてホームページにてお知らせいたします。
何卒ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

神奈川 会場〈中小企業のための〉人事評価・賃金制度設計 入門

セミナーは終了いたしました。
ありがとうございます。

本セミナーでは、評価・賃金制度の設計/改定について、基本的な考え方を解説します。

◇以下のような疑問をもつ中小企業の経営者様・人事担当者様におすすめ
 ✓人事評価・賃金制度を見直したいが、どのようなステップで手を付けたらよいか?
 ✓給与を多く払ってあげたいが、何をよりどころに給与水準を決めると良いか?
 ✓やはり個々の実力評価に基づいて、メリハリをつけた賃金決定が良いのか?

定員 ■定員 30名  ご参加は1社2名様まで
内容

◆まずは自社の人件費・賃金・組織構成に問題はないかを点検
 ・自社の総額人件費は適正か?
 ・自社の給与水準は高いか低いか?
 ・自社の社員の構成比に、今後も問題はないか?

◆自社の企業規模・業種特性、目指す姿や目的を念頭に
 ・企業の規模、業種によって留意したい点は?
 ・評価・賃金制度を構築(改定)→ 何を実現したいか?解決したい問題はなにか?

◆評価・賃金制度を設計する前に
 ・土台のキャリアパス・等級制度(社員のレベル/職種・コース区分けの枠組み)の考え方は?
 ・管理職は向かないが、プレイヤーとして優秀・希少なスキルを持つ社員はどう処遇するか?

◆評価制度設計
 ・時間と手間もかかる人事評価は、何のためか?
 ・一般的によくある評価の手法/考え方(MBO・コンピテンシー…etc)は?
 ・営業社員は数字で評価できるが、事務員はどのように評価すべきか?
 ・評価を給与や賞与決定に活用するときのルールの考え方は?
 ・「個々の成果を重視して評価し、メリハリつけた賃金に」が合いやすい職種・階層は?

◆賃金制度(給与・賞与制度)設計
 ・賃金制度の基本構成とは?
 ・昇給金額はどう考える?-昇給管理・テーブルの設計
 ・住宅手当・家族手当があった方が良いのか?-諸手当の設計
 ・賞与の個別支給額の決定方法は?-賞与制度の設計
 ・賃金制度設計のチェックポイントは?
 ・補足)中途採用者の賃金決定とルール

◆評価・賃金制度を作った後
 ・社員への説明が肝心:制度のポリシー・考え方の理解を得る
 ・効果的な制度の運用に向けて、継続的に取り組みたいこと

*順番・内容を一部変更する場合があります

対象 経営者、経営幹部、人事部門責任者
日程 2022年03月14日(月) 13:30~16:00(受付開始 13:00)
会場

[神奈川会場]
AP横浜 (JR「横浜駅」西口徒歩6分、 地図
神奈川県横浜市西区北幸2-6-1 ONEST横浜西口ビル 4F・6F
TEL:045-411-5109

参加費用 お一人様 3,000円(税込)
講師 本阪 恵美 (弊社 人事戦略研究所 コンサルタント)

中堅・中小企業の人事評価・賃金制度の構築支援に従事。「組織の制度作りを基軸に、密着した形で中小企業の成長を支援したい」という志を持ち、企業理念や、経営者の想いを尊重した人事コンサルティングを心がけている。

セミナーの申し込み

セミナーは終了いたしました。
ありがとうございます。
文字サイズ