Now Loading

株式会社新経営サービス

Books
出版物

トップページ > 出版物の紹介 > 理不尽な給料

出版物のご紹介Books

理不尽な給料

著者 株式会社新経営サービス 人事戦略研究所 山口 俊一
出版社 ぱる出版
定価 1,400円(税別)

この本では、日本の中で存在する不自然な賃金格差を「理不尽な給料」として、次の6つの区分にわけて紹介しています。
◆企業(規模や業種)間の格差 → 理不尽度30%
◆年齢・役職間の格差 → 理不尽度40%
◆職種(営業職や技術職)間の格差 → 理不尽度50%
◆男女間の格差 → 理不尽度60%
◆雇用(正社員・非正規社員)間の格差 → 理不尽度70%
◆官民(公務員・民間企業)間の格差 → 理不尽度90%
「理不尽度」とは、仕事の価値(責任の重さ、難しさ、実績など)と全く関係なく賃金格差がついてしまっている実態度合いを、著者の見解で表したものです。日本の賃金水準が上がらない中、給料に不満や疑問を抱いている人たちに、「賃金のカラクリ」についてより正しく理解していただくための一冊です。

本書の構成

  • 目次
    はじめに
  • 第1章 人事制度の全体像と設計の流れ
    人事制度の全体像
    これからの時代のトレンド
    業界特性や自社の方針・社風に合ったものにする
    社内プロジェクトの進め方
    推進スケジュール
  • 第2章 製造業の人事制度のポイント
    製造業の経営環境
    製造業の組織特性
    製造業の人事制度のポイント
  • 第3章 現状分析、方針検討の進め方
    総額人件費を分析する
    給与水準を分析する
    賞与水準を分析する
    年収水準を分析する
    人員構成を分析する
    将来の人員構成、人件費を予測する
    経営陣の意向を確認する
    社員の意識を確認する
    人事理念をまとめる
    制度改定方針をまとめる
  • 第4章 等級・職位制度の作り方
    等級、職位の考え方
    等級フレームの設計<事例①>
    等級フレームの設計<事例②>
    等級フレームの設計<事例③>
    等級基準を作成する
    昇格基準を設定する
    役職定年制を考える
  • 第5章 人事評価制度の作り方
    人事評価の目的
    職種別人事評価表の設計手順
    成果・業績評価基準の設計
    成果・業績評価基準の設計<事例①営業職>
    成果・業績評価基準の設計<事例②開発職>
    成果・業績評価基準の設計<事例③製造職>
    プロセス評価基準の設計
    プロセス評価基準の設計<事例①営業職・製造職>
    プロセス評価基準の設計<事例②技術職>
    プロセス評価基準の設計<事例③商品開発職>
    職種別人事評価表<事例①製造職>
    職種別人事評価表<事例②営業職>
    職種別人事評価表<事例③管理職>
    評価の実施、運用ルール
    持ち点方式による調整例
    評価者訓練の進め方
    面接者訓練の進め方
  • 第6章 給与制度の作り方
    賃金制度の種類と設計の観点
    基本給の種類
    昇給ルールの種類
    給与制度例①<オーソドックスな給与テーブル>
    給与制度例②<能力給と年齢給の組み合わせ>
    給与制度例③<職種別の基本給テーブル>
    諸手当の設計手順
    役職手当の設計
    家族手当の設計
    住宅手当の設計
    その他の手当の設計
    給与移行シミュレーションと減給者への移行措置
    残業削減に向けた取り組み
  • 第7章 賞与・報奨制度の作り方
    賞与制度の種類
    業績連動賞与の考え方
    月給をベースにした賞与制度
    等級別基礎額をベースにした賞与制度
    ポイント制の賞与制度
    報奨金制度の設計
    表彰制度の検討
  • 第8章 退職金制度の作り方
    退職金制度の種類
    退職金水準と資金準備状況を把握する
    月給をベースにした退職金制度
    ポイント制の退職金制度
    中退共を活用した事例
    確定拠出年金を活用した事例
  • 第9章 周辺制度の作り方
    定年再雇用制度
    地域限定社員制度の活用
    契約社員の活用
    教育・研修制度
    資格取得支援制度
  • 第10章 社員説明、導入の進め方
    組合協議の進め方
    社員説明資料を作成する
    社員説明会を開催する
    Q&A集を作成する
    おわりに 外部ブレーンの選び方・使い方
文字サイズ