Now Loading

株式会社新経営サービス

Books
出版物

トップページ > 出版物の紹介 > 商談・会議・雑談でなぜか一目置かれる人が知っている「数字」のコツ

出版物のご紹介Books

商談・会議・雑談でなぜか一目置かれる人が知っている「数字」のコツ

著者 株式会社新経営サービス
シニアコンサルタント 山本 崚平
出版社 あさ出版
定価 1,400円(税別)

本書は、商談、・会議・雑談などの仕事の中に出てくる「数字の法則」をまとめ、数字を把握するコツを身につける本です。

著者は数字が苦手だったにもかかわらず、コンサルタントとして人事制度の構築や教育研修、企業の経営支援にかかわり数字に浴びるように触れる中で、ビジネスの場では数字をざっくりととらえる「コツ」さえ身につければ、ついていけることを体感します。

数字を把握するコツを知らなければ、仕事の中で何を調べたらよいか、どこに問題点があるか、何をすればいいのか、ということがわからず、生産的に働くことができません。

本書を読むだけで、ニュースや新聞、仕事で触れる数字をどうとらえればいいか、どう仕事に活かせばいいのかがわかるようになります。

本書の構成

  • はじめに
  • 第1章 ビジネスでは数字をザックリ覚えよう
    ・数字の読み方を覚えよう
    ・数字をつかむ基本は「倍数」と「分数」
    ・「基準」を持てば数字に強くなれる
    ・雑談で役立つ「基準の数字」
    ・雑談で役立つ「ピークの数字」
    ・雑談で役立つ「ナンバーワンの数字」
    ・「人事の数字」の世の中の平均値は?
  • 第2章 できる人は「3」という数字をキーにしている
    ・人はなぜ3という数字が好きなのか
    ・プレゼン、企画書づくりも「3ステップ」で
    ・話は「30秒」にまとめよう
    ・商談は「3回」会ってから!
    ・子どもは1日に大人の「30倍」笑う
    ・「30分」かけて結論を出しても、結果は5秒で出した時と同じ
    ・市場の「3割」を取れば1人勝ち
    ・他社より目立つには「3割」の差をつくろう
    ・1つの大事故の前には「300件」の小さな事故が起きている
    ・月収の「3%」を自己投資に回すことが給与アップの近道
    ・65歳以上人口が「3割」を超える2024年が日本の崖っぷち
  • 第3章 会社の数字は「5」のつながりで覚えよう
    ・チーム編成は「5人」が生産的
    ・1人の顧客を怒らせると「250人」の敵をつくる
    ・新規顧客の獲得は既存顧客の「5倍」のコストがかかる
    ・新入社員の採用コストは1人当たり「50万円」
    ・優秀社員は給料の「5倍」を稼ぐ
    ・退職金は生涯収入の「5%」で生涯設計をしよう
    ・年間「500時間」の通勤時間を有効活用する
    ・入社「5年間」は成果が出なくても焦る必要はない
    ・日本の社長は「50人」に1人と覚えておくと、高級品市場が見える
  • 第4章 知っておきたい「ビジネス数字の法則」
    ・売上の8割は2割の仕事で稼いでいる
    ・1位と2位の差は2倍開く
    ・組織は必ず「2:6:2」の割合に収束する
    ・研修の効果は「1割」。人は現場での学びとアドバイスで育つ
    ・会議は2時間を超えるとガクンと生産性が落ちる
    ・「25分・5分」のリズムで仕事をする
    ・いいアイデアをつくるには15%ルールを適用しよう
    ・ご褒美があると生産性が下がることがある
    ・記憶は1時間で半減。1日で2割しか残らない
    ・期限を決めないと人はいつまでも時間をかけてしまう
    ・「数字」を鵜呑みにしてはいけない
  • おわりに
文字サイズ