採用情報
コンサルタント教育制度

コンサルタント教育制度

入社1年目からコンサルタントとして活躍するために、
新経営サービスでは様々な教育制度を導入しています。

ブラザー制度

新入社員には入社と同時に、仕事や生活面でのアドバイザーとなる“ブラザー”が付きます。
日常業務の指導やコンサルティング現場への同行、仕事における悩み・不安の相談など、新入社員の良き兄(姉)としてサポートを行います。
その他、毎日のスケジュール確認、日報のチェック、或いは年間の活動計画や目標設定などの局面にも深くかかわり、新入社員の成長を支援します。
それらを通じて、身近な存在からコンサルタントとして求められる能力や知識を習得していただきます。

講座アシスタント

新入社員には、弊社主催の「経営者大学」や「実践・管理者養成講座」のアシスタントを必ず経験していただきます。これらの講座はすべて、弊社独自の経営理論やマネジメントのノウハウが詰まっており、自らの学びの場となります。また受講生との関わりを通じて、経営者や経営幹部がどのような悩みや展望を持っているのかを肌で感じる事ができます。
アシスタントとして参加するため、講座の運営もお任せします。開催前の資料の準備や会場の予約、受講生への連絡はもちろん、受講生に対する配慮や講師への協力は当然求められますので、講座中も気が抜けません。
このように、「経営を学ぶ場」と「経営者とのコミュニケーションの場」を同時に経験する事で、コンサルタントとしての基礎を身に付けていただきます。

社内研修

月に1度、代表取締役・田須美による「徳収塾」を開催しています。
その他、コンサルティングのノウハウを共有する勉強会や、スキルを高める研修など、若手中心の研修会は毎月実施しています。(下記の「ジュニアミーティング」をご参照ください。)

外部研修補助制度

自身の知識やスキルを高めるため、外部の機関で行われるセミナーや研修に参加することも可能です。
会社が必要と認めたセミナー・研修であれば、各コンサルタント年間10万円(2016年度実績)を目処に研修費用を会社が負担します。

新人研修

弊社主催の「新入社員即戦力化プログラム(新人研修)」に他の企業からの参加者とともに参加します。社会人としての基礎スキルや心構えを学びます。主催である新経営サービスの新入社員として参加していただきますので、一般企業からの参加者の見本になる行動・発言も求められます。

中小企業診断士 資格取得支援制度

中小企業診断士の資格取得に関する外部研修の受講や資格取得関連の費用を、会社が負担します。

このページの先頭へ