採用情報
採用責任者からのメッセージ

採用責任者からのメッセージ

株式会社新経営サービス 常務取締役
人事戦略研究所 所長
山口 俊一
Syunichi Yamaguchi

コンサルタント個人ごとの「顔」が見える集団を目指す

 多くの経営コンサルタント会社では、経営トップ1人だけがスターであったり、会社名だけ知名度が高いというケースが圧倒的に多いようです。

  新経営サービスでは、コンサルタント一人ひとりが個性をもち、対外的にアピールできる人材=タレントを数多く創り出していこうと考えています。もちろん単なる人気だけではなく、顧客企業の経営改善ができる実力を伴ったタレントでなければなりません。どのメンバーも自立したプロコンサルタントとしてメシが食える、それでも、新経営サービスの一員として仲間といっしょに活動していきたい。そんな状態が理想と考えています。そのため、個人名で書籍を出版することや、早くから得意分野をもって講演することなどを積極的に推奨しています。

  もちろん自らタレントになろうという人だけでなく、他のメンバーをプロデュースし、売出すことにやりがいを感じる人も必要です。とにかく「自らの個性を発揮して中堅・中小企業の役に立ちたい」という志をもった多様な人材の宝庫にしたいと考えています。

経営コンサルタントという職業の魅力

山口 俊一

 私は、コンサルタントの世界に入って20年以上が経過しました。近年、経験を重ねるにつれ、ますます「よく経営コンサルタントという職業に巡り合えたものだ」と、我ながら運の良さを痛烈に実感しています。

 日本全国さまざまな業種・業態の、しかも人事組織や経営方針といった企業の奥深くに入り込むことができる。また、その会社の人材だけでは解決できない、もしくは時間がかかる経営課題に対して、具体的な解決策を提案し、実行の支援ができる。こんな職業が、他にあるでしょうか。

 企業がコンサルティングを依頼するのは、会社が変わろうとするときです。我々コンサルタントから見れば、それは「変化が常態化する」ということでもあります。変化こそが、私たちの日常業務ということになります。また、この仕事は人材こそが商品ですので、顧客先での判断や言動は、自らの責任で行わなければなりません。

 そのため、現状維持が好きな人や、上司の具体的な指示がなければ動けない人にとっては、苦痛以外の何物でもないとも言えます。自ら責任を引き受けるスタンスをもち、日々の変革やプレッシャーをむしろ楽しみ、新しいことにチャレンジし続けられる人材こそが、当社の求める人材です。
そのような資質をもつ人であれば、是非とも私たちと一緒に、企業活性化のお手伝いをしてください。

山口俊一

このページの先頭へ