出版物
店舗経営者・店長のための高収益を実現する人事&人材育成

店舗経営者・店長のための高収益を実現する人事&人材育成
店舗経営者・店長のための高収益を実現する人事&人材育成

【著者】
株式会社新経営サービス 人事戦略研究所
山口 俊一  吉田 珠江

A5・250頁 本体価格 2,400円(税別)

「正社員20%時代」の店舗ビジネス
人事のキーポイントは
社員の平均年齢とパートタイマー比率

直接送付ご希望の方はこちらからお申し込みください。

本書の特長

「成果主義」全盛の時代から「職種別賃金」へのシフトと、人事を回る動きはここ数年で大きく変化してきました。それに呼応するように、とりわけ店舗ビジネスにおいては、パート・アルバイトの活用状況に少なからぬ影響を及ぼしています。
本書は、店舗ビジネスを展開する企業の収益力向上とそこで働く方々の幸福のために、正社員の人事制度とパート・アルバイトの賃金制度、教育プログラムについて、やさしくわかりやすく解説します。 (本書表紙カバーより)

本書の構成

  • 本書の構成を見る
    • 第1章 店舗ビジネスにおける人事制度改革のポイント

      1. 成果主義人事とは
      2. 店舗ビジネスが成果主義人事に移行する背景
      3. 高収益を実現する人事のあり方
      4. 店長の実力で業績が左右される
      5. 成果主義人事の導入は難しくない
      6. 店長の業績評価のポイント
      7. 販売職(接客職)の業績評価のポイント[1]
      8. 販売職(接客職)の業績評価のポイント[2]
      9. 販売職(接客職)の業績評価のポイント[3]
      10. 成果主義人事を失敗させないために

      第2章 人事制度改革の進め方

      1. 自社の総額人件費を分析する
      2. 自社の給与水準を分析する
      3. 自社の賞与水準を分析する
      4. 自社の退職金水準を分析する
      5. 自社の人員構成を分析する
      6. 社員の意識を調査する
      7. 人事制度改革方針をまとめる
      8. 策定プロジェクトを結成する
      9. 人事制度改革のスケジュール例

      第3章 職種別人事評価のつくり方と活用方法

      1. 経営課題解決型人事評価とは
      2. 成果・業績評価基準のつくり方
      3. 業績を判定する3つの視点
      4. 間接部門の成果はテーマ達成を中心にする
      5. 職務評価基準のつくり方
      6. 評価表の作成
      7. 店長の評価シート例1
      8. 店長の評価シート例2
      9. 販売職・接客職の評価シート例1
      10. 販売職・接客職の評価シート例2
      11. 店舗統括職の評価シート例
      12. バイヤーの評価シート例
      13. 本部管理職の評価シート例
      14. 事務職の評価シート例
      15. 評価点の調整方法
      16. 社内でできる評価者訓練の進め方
      17. 社内でできる面接者訓練の進め方

      第4章 給与・賞与制度のつくり方と活用方法

      1. 職位、等級ランクは簡素化、短縮化する
      2. 外食産業の等級フレーム例
      3. 小売業の等級責任基準例
      4. 定期昇給から定期給与改定へ
      5. まず、手当類を整理する
      6. 店長手当は、業績評価によって変動させる
      7. 店舗ビジネスの給与制度例1
      8. 店舗ビジネスの給与制度例2
      9. 賞与総額は、業績連動にする
      10. 店長間の賞与格差を拡大する
      11. 店舗ビジネスの賞与制度例1
      12. 店舗ビジネスの賞与制度例2
      13. 年俸制は必ず「仮」年俸制にする
      14. 店舗ビジネスの業績年俸制例1
      15. 店舗ビジネスの業績年俸制例2
      16. 報奨金で、社員の成果志向を高める
      17. 店舗ビジネスの報奨金例
      18. 退職金制度を同時に見直す
      19. ポイント方式退職金制度例
      20. その他の退職金制度例
      21. 店長の地位を高めて成功した人事制度事例

      第5章 パート・アルバイト活用のポイント

      1. 「パートではムリ」という思い込みを捨てる
      2. 正社員1人にアルバイト10人の店舗で成長を続ける会社
      3. パート・アルバイトの「数」ではなく「能力」を引上げる
      4. 「正社員がする仕事」と「パー社員に任せる仕事」を明確に分ける
      5. すべての作業はパート社員でできる
      6. 正社員の仕事は、「動機づけ」と「チェック」だけ
      7. パート社員に専門職務を割り当てる
      8. ミスやトラブル発生時には、正社員が処理に当たる
      9. さあ、店舗ごとの役割分担を変えてみよう

      第6章 「デキる」パート・アルバイトのやる気を引き出す人事制度

      1. 仕事の難易度の違い・責任の重さを時給に反映させる
      2. 時給決定基準のつくり方
      3. 「職務給」と「評価給」は必ずキャンセル方式とする
      4. パート社員の時給決定基準例1
      5. パート社員の時給決定基準例2
      6. 人事評価は必ず行う
      7. 人事評価基準のつくり方
      8. パート社員の人事評価基準例1
      9. パート社員の人事評価基準例2
      10. オープンな登用試験でライバル心に火をつける
      11. チャレンジしがいのある等級基準をつくる
      12. パート社員の等級基準例
      13. 登用試験のつくり方
      14. パート社員の上位登用試験例1
      15. パート社員の上位登用試験例2
      16. 大手企業のパート制度例1
      17. 大手企業のパート制度例2
      18. 中堅企業のパート制度例1
      19. 中堅企業のパート制度例2
      20. 中堅企業のパート制度例3

      第7章 パート・アルバイト戦力化のための採用・教育プログラム

      1. 意欲の高い人の注目を集める募集広告
      2. いい人を見極めるための面接手法
      3. 「働きたくなる」面接のポイント
      4. 採用をスムーズにする工夫
      5. 定着率を高める方法
      6. 「何を」「どのレベルまで」「いつまでに」を入社時に本人と共有しておく
      7. 短期的計画「1週間で独り立ちできる」
      8. 店舗実習の留意点
      9. 中期的計画「2ヵ月で基本的な仕事をひと通り回せるようになる」
      10. 試用期間終了時の昇給と正式雇用計画
      11. 半年に1度、スキルの棚卸と登用試験を実施する
      12. 長期計画「1年間で社員の代行レベルまで育てる」
      13. 意欲、能力の高いものには、さらにグレードの高いカリキュラムを課す
      14. 店長への登用を視野に入れてマネジメントを任せる
      15. パート社員の育成スケジュール例
      16. パート社員の学習ノート例
      17. パート社員のトレーニングカード例
      18. 大手企業の教育プログラム例
      19. 中堅企業の教育プログラム例

      第8章 正社員登用制度

      1. パート・アルバイトからの正社員登用の傾向
      2. 正社員登用のポイント
      3. 正社員登用制度例1
      4. 正社員登用制度例2

      第9章 パート・アルバイト戦略化 5つのツボ

      1. マネジメントも任せてしまおう
      2. キツイ仕事、難しい仕事には時給で報いる
      3. 働きぶりによっては時給が下がるシステムにする
      4. オープンな試験と人事評価のフィードバックで昇給の根拠を明らかにする
      5. ほめる、感謝する、「あなたは必要な人間だ」と伝える

このページの先頭へ